知っておきたい結婚式のマナー

オリジナル見出し01

結婚式に呼ばれた時に、気をつけたい、知っておきたいマナーがあります。

まず、女性ゲストが気をつけたいのが服装です。白系の服、写真で白にうつる薄いピンク、ベージュの色は避けましょう。

白は花嫁だけの特権です。
またミニ丈ドレス、肩が過剰に露出されたドレスはやめましょう。
お式には幅広い年齢層が列席されます。


羽織物をはおり、露出をおさえましょう。


ただし、夜の披露宴に限り、露出の多いドレスも大丈夫です。

次にファーなどの毛皮素材も避けましょう。
これは殺生を想像させ、祝儀の場にふさわしくないとされているからです。また披露宴での食事に抜けた毛がはいることを予防するためです。ファー素材のバックなども、余程カジュアルな結婚式でない限り避けるのが無難でしょう。また足元は肌色のストッキングを着用しましょう。
靴はブーツはカジュアルすぎるため、避けます。またオープントゥなどつま先のでた靴も禁止です。
なぜなら、つまが先にでる≒妻が先に家をでるということを想像させるためです。新郎新婦の上司や親戚などが多く列席する結婚式では、自分の非常識が大切な新郎新婦に恥をかかせるものになりかねません。

またお祝儀の相場は3万円とされています。

お祝儀は新札を準備し、ご祝儀袋にいれます。


そのうえで、ふくさにいれ持参します。

受付の方は、新郎新婦の代理の立場です。
おめでとうございますのお祝いの言葉とともに、ご祝儀を渡します。
結婚式には、懐かしい共通の友人も多く、話がはずみます。

しかし、あくまでお祝いの場です。

私語は慎み、新郎新婦にお祝いの言葉を伝えましょう。

















関連リンク

  • タイトル21

    キャバクラで働くのであれば、どんな服装で行くようにすればいいのでしょうか。綺麗に着飾っているキャバ嬢の方が魅力的に見えるようになりますので、キャバドレスを購入して身に付けるといいでしょう。...

  • タイトル22

    今、小中学生の女子に「将来なりたい職業は?」と聞くと、返ってくる答えの1つに「キャバ嬢」というのがあります。ちょっと大人の答えで驚きですが、きれいなドレスを着て高収入を得られるのが魅力、との理由です。...